contents start

医療費控除について

医療費控除とは、一年間に自分自身や家族のために支払った医療費が、10万円以上だった場合に確定申告すると、一定の所得控除を受けることができます。
この制度を利用することで、医療費の負担を軽くすることができます。

医療費控除の対象となる医療費の要件

  • その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること
  • 自分自身または自分と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること
  • 10万円以上の医療費であること(上限200万円までが課税所得額から控除されます。)

一般的には10万円以上が基準となりますが、年間所得が200万円未満の方は10万円未満でも医療費控除を受けることが出来ます。

医療費控除の対象となる金額の計算式

医療費控除の例

給与収入400万円の場合

インプラント治療でかかった費用は医療費控除の対象です。

インプラント治療は、保険の対象外です。
しかしながら、歯科において、保険治療はもちろん、自費治療においても、金やポーセレンを使用した金属冠や義歯、インプラントなどの治療において払った金額は対象となります。
矯正に関しては、不正咬合の歯列矯正のように、身体の構造や機能を是正する目的で行われる場合は、認められます。
但し、美容目的のものは全て対象外となります。
また、一般的に歯ブラシなどの物品の購入費用は対象になりません。

医療費控除の手続き

医療費控除を受けるためには、その支払いを照明する領収書等を確定申告書に添付するか、提示することが必要です。
医療関係の領収書は大切に保管しておきましょう。
※一般的にサラリーマンなどの給与所得者は還付申告、それ以外の人は確定申告にて申請します。
確定申告の期間中でなくても可能ですし、忘れていた場合も5年間にさかのぼって申請することができます。

contents end

side start


診療時間
9:00〜12:30 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 休診日
14:30〜18:00 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 休診日

9:00〜12:30 / 14:30〜18:00
休診:日・祝祭日


  • 資料請求・お問い合わせ

side end

このページの先頭へ