contents start

よくある質問

インプラントの基礎知識

インプラントとは何ですか?
歯を失った部分に直接チタン製の人工歯根を埋め込み、新たな歯を立てるものです。一般的には、従来法であるブリッジや入れ歯に比べ、残存歯の保護、審美性、快適性などに優れています。
インプラントはどれくらいもちますか?
近年、インプラント治療の成功率は飛躍的に伸びてきます。20年累積残存データとして、上顎90%以上、下顎95%以上と言われています。これは上顎の骨質が下顎より弱いためです。
ブローネマルクインプラントでは、40上使用している患者さんもいらっしゃいました。
インプラントを長持ちさせるためには、専門医による定期検診を必ず受け、アドバイスや正しい歯磨きを実践していく必要があります。
入れ歯のように途中で合わなくなることはありますか?
インプラントそのものが動くことはありません。
しかし、周りの天然の歯が動いて位置が変わったり、噛み合わせが変わることは考えられます。専門医による定期検診を受け、早期発見が大切です。
治療期間はどれくらいですか?
仮歯を手術当日に付けることもできます。最終的に被せるものまでですと、最短で1ヶ月半程度です。
ですが、骨や歯肉の移植を伴うケースの場合は、半年から1年に及ぶ場合もあります。
クローバーデンタルでは、スピーディーインプラントを導入しております。
非常に高度な技術と豊富な経験が必要な手術になりますが、当院では対応が可能です。
そのため、遠方の方でも2泊3日ほどで治療を受けることが可能です。
また、念密な治療計画のもと、日帰りインプラント治療を行うことも可能です。わずか1日で仮歯が入り、もしくは入れ歯の方は不快な入れ歯から開放され、同日の夕食が可能なため、特に遠方からの患者様には大変喜ばれています。
事前に十分に診査し、必要な治療内容、期間、費用など細かくご説明致します。
治療可能な年齢は何歳から何歳までですか?
一般的には16歳〜18歳以上と言われています。これは、顎の骨の成長がほぼ終了しているためです。
また、糖尿病や高血圧など全身疾患が無い方であれば、高齢者でも治療は可能です。
治療後、歯磨きは必要ですか?
インプラントは、チタン合金とセラミックでできていますので、インプラント自体が虫歯になることはありません。
しかし、歯周炎(インプラント周囲炎)のリスクは天然の歯より高くなりますので、装着後のメンテナンスは必ず必要です。
インプラントもコーヒーや紅茶、ワインなどの色素沈着はありますか?
セラミック製のものは変色はしません。むしろ隣の天然の歯は色素沈着しますので、年月が経つと違いがわかりやすくなるかもしれません。
クローバーデンタルの被せものには、主に硬質レジンやハイブリッドセラミックを使用するため、色素沈着がセラミックと比べると起こりやすいと考えます。
それ以上に、噛みやすさ、インプラントへの過度な力を防ぐなどの理由から、セラミックより利点が多いと考えます。

faq end

インプラントの手術

誰でもインプラント治療を受けられますか?
以下の方はインプラント治療ができません。まずはご相談ください。
  • 顎の骨の成長が終わっていない年齢の方
  • 歯磨きなどの日常の清掃が十分にできない方
  • チタンへのアレルギーを持っている方
  • アルコール依存症の方
  • 長期間骨粗しょう症のお薬を飲まれている方
  • 糖尿病や高血圧など全身疾患をお持ちの方(担当医の許可が必要です)
  • 歯科医師と意思疎通が取れない方
痛みはありますか?
手術中は麻酔をしっかりとかけますので、痛みはほとんど感じません。
また、お口の中は体の他の部分と比べると、治りやすい部分でもあります。実際に手術された患者さんの感想は、思ったより楽だったというものがほとんどです。
クローバーデンタルでは、「静脈内鎮静法」により手術前に点滴を行い、少しずつリラックスできる薬を投与しますので、快適に手術を受けることができます。
手術後は、専用のリラクゼーションルームで休んで頂きます。休憩中のお茶や栄養ドリンクも準備しておりますので、お気軽にお申し付けください。
それでも手術後2日間は無理をしないようお勧めします。
歯周病(歯槽膿漏)でも大丈夫ですか?
歯周病(歯槽膿漏)は、お口の衛生状態が悪い状態です。不衛生な状態でのインプラント手術はよくありません。
まずは、歯周病(歯槽膿漏)の治療を行った後で、インプラントの治療計画を立てます。
手術時間はどれくらいですか?
手術時間はインプラント体の数や難易度によって異なり、個人差はありますが概ね30分〜1時間程度です。
顎がやせていますが、手術できますか?
インプラントの場合、術前に十分な診査を行います。CT撮影で3次元的な骨の形態、骨密度を調べます。その上で手術が可能かどうかを判断します。
骨を増やす技術も確立しておりますので、ほとんどの場合インプラント手術は可能です。
即日インプラントは可能ですか?
念密な治療計画のもと、日帰りインプラント治療を行うことも可能です。わずか1日で仮歯が入り、もしくは入れ歯の方は不快な入れ歯から開放され、同日の夕食が可能なため、特に遠方からの患者様には大変喜ばれています。
手術後、気をつけることはありますか?
歯科医師による定期検診とご自身による毎日のケアが必要です。きちんとしたメンテナンスを継続することが、インプラントを長く快適に使っていただく秘訣です。

faq end

インプラントの費用・保険・保証

費用はどれくらいかかりますか?
症状や治療内容によって負担費用額は異なりますので、まずはご相談ください。
インプラント治療には保険は適用されませんが、医療費控除の対象になることもあります。
詳しくは、「治療費について」をご覧下さい。
保険は適用されますか?
残念ながらインプラントに係る全てが一般診療となります。ですが、医療費控除の対象になることもあります。
詳しくは、「医療費控除について」をご覧下さい。
上部構造物を保険内の素材にすることはできますか?
保険診療と自費診療の混在は認められておりませんので、上部構造物はセラミック素材であっても金属素材であっても自費となります。

faq end

contents end

side start


診療時間
9:00〜12:30 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 休診日
14:30〜18:00 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 休診日

9:00〜12:30 / 14:30〜18:00
休診:日・祝祭日


  • 資料請求・お問い合わせ

side end

このページの先頭へ