contents start

インプラントについて

インプラントイメージCLOVERDENTALクローバーデンタルでは、インプラント治療を行っております。
インプラント治療とは、歯を失った場所に、人工の歯根を埋入することにより、新たな人工の歯を作り出すものです。
インプラント治療は40年以上の歴史があり、確立された治療ですが、未だに進歩し続けています。歯を失った場所を補う治療法として選択される治療法の一つになります。
インプラント埋入には、口腔外科の知識と技術が必要になります。さらに被せものには、噛み合わせの知識と技術が必要になります。そして、インプラントを維持するためには、メンテナンスの仕組みと技術が必要になります。全てが揃ったクロバーデンタルは、インプラント治療を受ける最適な条件が揃っていると自負しております。

インプラントの構造

インプラントは、顎(あご)の骨に埋める「インプラント体」と、失った歯の代わりとなる上部構造(人工のかぶせもの)、インプラントと人工のかぶせものを連結させるアバットメント(土台)の3つの部品から構成されています。
このアバットメントは、連結させるだけでなく、インプラント体に加わる力を受け止め保護する役割もあります。さらに骨に入っているインプラントの角度調整ができますので、噛む方向も調整できます。

インプラントの構造

歯を失って、悩んでいませんか?

ブリッジにしたら
  • ブリッジを作るために健康な歯を削る必要がある
  • ブリッジを支えている歯が痛んでしまい、結局抜くことになってしまう場合がある
  • 材料により健康な歯とブリッジの見た目が違って見える
部分入れ歯にしたら
  • 銀色のバネが見えて恥ずかしい
  • プラスティックの材質により、口の中が乾きやすく、結果として口臭が気になるようになる
総入れ歯にしたら
  • ガタガタして、硬いものが噛めない場合
  • 食事の際、入れ歯と歯茎の間に食べ物が入り込む場合
  • 歯茎がやせてくるので、作り直さないといけないことがある

女性におすすめするクローバーデンタルインプラントならそんな悩みを解決できます

インプラント治療によって、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことができます。
体の内側も外側も美しく健康でいることを願う女性にとって、インプラント治療はとても興味深いものだと思います。
しかし、手術をするという点から「痛そうで怖い」「長期間の治療が必要では?」「治療が高かそうで不安」などの心配や不安もあるかと思います。
そんな女性の悩みを解決するのが、クローバーデンタルの「インプラント治療」です。
手術当日に歯が入る「スピーディーインプラント」、「静脈内鎮静法」によるリラックス状態での痛みの少ない手術、4本のインプラントで12本の歯が入る「All-on4(オールオンフォー)」を利用した最新のインプラント治療で、手術への不安と負担を軽減し、生まれ変わった歯でより素敵な笑顔でいて欲しいを願っております。

インプラントの歴史

インプラント治療が生まれてから、45年以上が経とうとしています。矯正治療が40年くらいの歴史ですから、インプラント治療とそれほど変わらないのです。現在では、様々なインプラントメーカーからいろんなシステムが紹介されています。その基本となったインプラントがクローバーデンタルで取り扱っている「ブローネマルクインプラント」です。
ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士ブローネマルクとは、インプラントを開発した先生の名前です。
1952年、スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が、チタンと骨が完全に結合することを偶然発見したことから生まれたものです。これを、オッセオインテグレーションと言います。
博士はその後13年間、綿密な基礎実験と動物実験を重ね、チタンがある一定の条件で骨に埋入された場合、チタンに対することの拒否反応は全く言ってよいほど起こらず、そればかりかチタンの表面を覆う酸素の膜を通して強い結合が生まれることを確信しました。
タイユナイトそして1965年、初めて人工歯根としての臨床応用をスタートし、以来、最も信頼性の高いインプラントとして世界中で使用されています。
初めて臨床応用されたインプラントは、43年間機能しておりました。

>>クローバーデンタルインプラントには3つのメリットがあります。

contents end

side start


診療時間
9:00〜12:30 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 休診日
14:30〜18:00 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 診療可能 休診日

9:00〜12:30 / 14:30〜18:00
休診:日・祝祭日


  • 資料請求・お問い合わせ

side end

このページの先頭へ